万年青(おもと)

突然ですがこれなんだと思います?
おもと
漢字で書くと万年青って言います
先日お客様の倉庫の蛍光灯を修理した際に足元にあったんで写真撮ってみました。
おもと2
ズームしてみましたオモシロイ形です
調べてみました
万年青栽培の歴史は三百数十年とも四百年以上とも言われる。古くは徳川家康が江戸城へ入る時、家臣の中に万年青を献上したものがいるとも伝えられる。江戸時代は主に大名のもとで栽培が行われた。元禄から享保年間の書物には斑入りの万年青が掲載されたものがある。このころより、栽培がある程度は一般庶民にも広がったようである。文化文政のころには、縞や矮性のものも栽培されるようになり、その一部は利殖の対象となった。このころは他に錦糸南天や松葉蘭なども同様に持て囃され、一種のブームとして狂乱的な状況があったようで、その中で一部の万年青には一芽百両と言ったとんでもない価格がついた例もあったという。解説書として長生主人「金生樹譜万年青譜」(1833)などが出版された。これらは天保の改革の際の規制の対象となった。植木鉢にも専用の万年青鉢が作られた。

明治に入り、栽培の中心は武士階級から富裕階層へと移った。明治十年頃には京都を中心に大きなブームがあり、一鉢千円(現代の一億円に相当)という例があった。その後も何度かのブームを繰り返しながら推移している。愛好者団体としては、昭和6年に日本万年青聯合会(昭和20年に日本万年青連合会に改名)という全国組織が結成され、平成4年当時の文部省の許可を受け社団法人日本おもと協会(品種登録および栽培啓蒙を行っている)となり、現在に至る。

だそうです。
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード